初心者でもわかる!不動産投資について知るサイト

>

初めての不動産投資

どんな種類があるの?

一口に不動産投資と言っても、いくつかの種類があります。
資産や投資に慣れているかなどの状況によって、自分に適切なものを選びましょう。

まず、初めての人が挑戦しやすい、不動産投資信託というものがあります。
またの名をリートとも呼び、株のように不動産会社の証券を購入します。
少額から気軽に始められるのが良いところです。

次に、マンション投資です。
一棟すべてを購入するものと、一室のみを購入するものがあり、貸すことによって利益を得ます。
比較的低額で購入できる一室の方が人気があります。

その他に、土地の購入が挙げられます。
土地自体を貸したり、駐車場やコインランドリーの経営をしたりと、工夫次第で様々な使い方ができます。
周辺地域のニーズに合った土地の使い方をすれば、安定した利益を得られるはずです。
ただ、上級者向けの投資と言えます。

ローンの利用も一つの手

不動産投資の種類がわかったところで、基本の投資方法についても簡単にまとめておきます。
大きく分けて、新築物件、中古物件、競売物件の三つがあります。
新築の場合は初期投資が大きいですが、長期的な利益が見込めます。
中古は新築に比べて安いですが、早い段階で修繕費などが必要になってしまいます。
競売は投資に慣れている人でなければ、優れた物件を見つけることが難しいです。
どれも長い目で見て選ぶことが重要だと言えます。

不動産投資と聞くと、高額のイメージがありませんか?
物件によっては、高額なものがあるのは確かです。
そこで、不動産投資専用のローンを組むこともできます。
ただ、普通の住宅ローンより審査基準が厳しく金利が高いことが難点です。
最初からローンは組みたくないという人は、少額から始められる投資を選びましょう。